シミ

一口にシミと言っても、さまざまな種類があります。当クリニックでは、患者さんのシミの種類に応じて適切な治療法をご提案いたします。

シミの種類

雀卵斑(そばかす)

小さい色素斑が鼻や頬周辺にまとまって現れるシミです。多くは遺伝の影響を受けます。

肝斑

30代以降に現れる、くすんだような色素沈着が左右対称に広範囲に見られるシミです。紫外線のほか、女性ホルモンも影響していると言われています。

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

20代以降に現れるシミです。症状を見るとそばかすや肝斑に似ているので、大きさや色、症状の現れた場所や時期などを総合的に判断していきます。

老人性色素斑

30代以降に見られるシミで、年齢とともに増えていく傾向があります。発症には、紫外線の蓄積が影響しています。

治療法

当クリニックでは、ハイドロキノンやこうじ酸、ルミキシルといった外用クリームの他、飲み薬、レーザーによる治療を行っています。

外用クリーム

ハイドロキノン
こうじ酸
ルミキシル

内服薬

トラネキサム酸
ビタミン製剤

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

20代以降に現れるシミです。症状を見るとそばかすや肝斑に似ているので、大きさや色、症状の現れた場所や時期などを総合的に判断していきます。

レーザー治療

アレキサンドライトレーザー

ページトップボタン