AGA治療薬

 

「プロペシア」「ザガーロ」はAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。医師の処方が必要な薬となります。

AGA治療薬は、AGAの原因物質の産出を抑制します

 

髪の毛は「成長期」→「退行期」→「休止期」というサイクルで生え変わっていきますが、AGAが進行すると「成長期」が終わらないうちに髪の毛が抜けてしまうので、どんどん薄毛になっていきます。フィナステリドは、「成長期」を早く終わらせてしまう原因物質「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制するので、「成長期」の髪の毛が太く長く育ち、休止期の毛穴からも毛髪が成長することでAGAの改善が期待できます。

AGA治療薬の作用

「プロペシア」「ザガーロ」はAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

 

 

AGA(男性型脱毛症)の原因物質であるDHT(ジヒドテストステロン)の産生を手伝う5α還元酵素は1型と2型の2つの型があり、プロペシア(フィナステリド)は5α還元酵素2型のみに作用します。

「ザガーロ」の作用

 

 

プロペシア(フィナステリド)が作用するのは5α還元酵素2型のみなのに対し、ザガーロは5α還元酵素1型及び2型の両方に作用し、この働きを抑制します。

ページトップボタン